桃だけど石松

子供の耳管の特徴は、大人のそれと比較すると太い上に長さがあまりなく、又ほぼ水平になっているため、様々な細菌が潜り込みやすくなっています。大人より子供の方が急性中耳炎を発症しやすいのは、この事が関係しています。
脂溶性であるV.D.は、Caが体内に吸収されるのを促すという特徴で知られており、血中のCa濃度を調節し、筋繊維の機能を微調整したり、骨を作ったりしてくれます。
1型糖尿病というのは、膵臓に在るインスリンを分泌するβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまったことで、患者の膵臓からほとんどインスリンが出なくなり発病に至る種類の糖尿病です。
バイク事故や建築現場での転落事故など、大きな圧力がかかった場合は複数の地点に骨折が齎されたり、骨が外部に突出する複雑骨折となったり、酷い場合は内臓破裂してしまうこともままあります。
悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、普通、身体をガンにさせない役割を持つ物質を生成するための型ともいえる遺伝子の異常により罹患する病気だということです。
骨折によって大量出血した時に、急に低血圧となって目の前が暗くなるようなめまいやふらつき、冷や汗、吐き気、座っていても起こる失神などの様々な脳貧血の症状が出てくるケースもあります。
頸椎などが痛むヘルニアは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間に存在するクッションのような役目をする椎間板という名のやわらかい組織がはみ出た症状のことを表しています。
薬剤師求人 川崎市
胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科手術では現在「大動脈バルーンパンピング(IABP)」と「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス手術」の双方の手術の方法がしきりに使われています。
肝臓をいつまでも健やかにキープするためには、肝臓の毒素を無毒化する作用が低くならないようにする、言い換えると、肝臓の老化を食い止める対策を実行することが重要だと言われています。
内臓脂肪タイプの肥満が診られ、脂質過多(ししつかた)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2つ以上に当てはまるような事例を、メタボと呼ぶのです。
くも膜下出血とは9割弱が「脳動脈瘤」という脳内の血管にできた不要な瘤(こぶ)が裂けて脳内出血する事が理由となってなってしまう深刻な脳の病気なのです。
大多数の人に水虫といえばまず足を想像し、こと足指の間に発症する皮膚病だと思われていますが、白癬菌が感染する部位は決して足しかないわけではなく、人の体ならどの部分にもかかるという恐れがあるので気を付けましょう。
脳内にある5-HT神経は、自律神経を調節したり痛みを防御し、あらゆる覚醒現象などを支配していて、単極性気分障害の方は作用が鈍くなってることが明らかになっているのだ。
20才代、30才代で更年期が訪れるとすれば、医学的な言葉で表すと「早発閉経(早期閉経)」という病気のことを指します(日本の場合は40歳以下の比較的若い女の人が閉経する状態を「早期閉経(premature menopause)」と定義しています)。
杉花粉が飛散する季節に、幼いお子さんが体温はいつもと変わらないのにしょっちゅうクシャミしたりずっと鼻水が出続けている状況なら、もしかすると『スギ花粉症』の可能性が高いといえます。